日本栄養士連盟とは

ホーム > 日本栄養士連盟とは

日本栄養士連盟の活動とは

 日本栄養士連盟は、積極的に政治活動が出来ない公益社団法人 日本栄養士会が栄養士・管理栄養士の身分技能向上を目指すうえで不可欠な、法律や制度の改正を審議する国に対し陳情・要望等政治活動を行うため設立・存続しています。
 設立以来これまでに、多くの国会議員に、栄養士・管理栄養士の業務を理解していただく活動をし、その結果、多くの制度の中に、位置づけを明確にすることができました。政治資金規正法第7条に規定される政治団体として総務大臣、東京都選挙管理委員会に届け出て認可されています。まだまだ懸案(栄養士法は議員立法のため、改正には議員の発議が必要です。)事項が山積みしていますので、誠実に精力的に行動していくよう努めています。
 要望書を提出する際は、会員数が多いことが大きな意味を持ち、その効果に影響します。
 ぜひ、ご理解ご賛同をいただきたいと願っています。

 

▲ページの先頭に戻る

訃報


 当連盟 会長 加藤廣子儀、去る7月30日 12時18分、享年75歳にて急逝いたしました。

 ここに生前のご厚誼を深く感謝するとともに、謹んでお知らせいたします。

 故人の遺志により、通夜および告別式は、近親者のみにて執り行われましたことを報告いたします。

日本栄養士会