ごあいさつ

 会員の皆様、日々ご健勝にてご活躍のことと存じます。日頃は、連盟活動にご理解ご協力をいただき厚くお礼申し上げます。
 さて、6月25日 日本栄養士連盟第43回通常総会において新年度役員が承認されました。常任幹事6人体制でスタートするはずでしたが、7月30日加藤廣子会長が急逝されるという思いもかけぬ事態になりました。悲しみと困惑状態の中、役員5人は加藤会長のご意志を引き継ぎ、全力疾走でここまでやってきました。11月6日常任幹事選挙管理委員合同会議に於いて、正式に井上副会長を会長代理とすることに決定いたしました。
 常任幹事一同、井上会長代理を支え一丸となって役目を果たしていきたいと思っています。皆様のお力添えのほど、よろしくお願い申し上げます。
 2019年は平成から新しい元号に変わり、オリンピックをひかえ、大きな変革の年を迎えます。日本栄養士連盟もこの流れに乗っていかなければ時代から取り残されます。
栄養士・管理栄養士はしっかりと目を開いて、自分達の置かれた情況をキャッチしていくことが必要です。そのための情報提供を、今後リアルタイムでホームページに取り上げていきます。12月に発行した「連盟だより」もアップしています。是非ご覧ください。新しく参加した11月12日国際母子栄養改善議員連盟会議の報告も載せています。また、日本栄養士連盟は「天皇即位30年奉祝委員会設立準備委員会」にも参画することになりました。 
連盟活動の基盤である栄養士議員連盟加入議員との連携強化は、栄養士・管理栄養士の課題解決へと繋がります。
 連盟活動を支えることができるのは栄養士会員の皆様です。将来の栄養士・管理栄養士のためにあなたの入会をお待ちしています。連盟と法人、共にがんばっていきましょう。

日本栄養士連盟 副会長 松本千秋

お知らせ

一覧表示

栄養士連盟Facebookページ

日本栄養士会