謹んで新春の祝詞を申し上げます。


暖かい新年に健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。
旧年中は会員皆様のひとかたならぬご厚情を賜りありがとうございました。

2020年は「東京オリンピック・パラリンピック競技大会」が開催されます。
国民にとっても世界の人々にとっても、日本で開催される大きな意義があります。
昨年はラグビーワールドカップが日本で開催され、日本代表がベスト8に入る快挙を成し遂げたことはもとより、ラグビーに詳しい人もそうでない人もともに巻き込んで大変盛り上がったことは記憶に新しくあります。
「東京栄養サミット2020」は、年末12月17日18日に開催が予定されています。
開催に当たり管理栄養士・栄養士は多くの方々を巻き込み、また日本栄養士連盟と日本栄養士会は一丸となり栄養サミットを成功に導くことに尽力して参ります。



本年もさらなる栄養士連盟活動に向け、気持ちを新たに取り組んでまいります。
本年も皆様のご多幸を心からお祈り申し上げます。


令和2年 元旦 日本栄養士連盟
会長 井上幸子

第14回食育推進全国大会inやまなしに参加して

 2019年6月29日(土曜日)、30日(日曜日)でアイメッセ山梨甲府駅北口よっちゃばれ広場で催され21,500名の方が来場した結果となりました。
 山梨のテーマは
「食がつなぐ人と未来~健康寿命日本一の富士山の国やまなしから全国へ~」でした。国民が生涯にわたって健康で豊かな人間性を育むため、多様な関係者が連携・協力しながら国民運動として食育を推進する目的達成している様子が伝わってきました。
振り返ってみますと、

食育推進基本計画は

2005年7月に施工された食育基本法に基づき、食育推進会議が作成したもの。
職に関する知識を持ち、健全な食生活を実践できる人づくりを目標に、家庭や地域、学校などがとるべき対策の方向性として数値目標を掲げて示しています。
 現在2016年は第三次食育推進基本計画とされていて、2016年から2021年までの5年間を期間としています。
平成18年3月、食育基本法(議員立法)の成立、育推進基本計画が作成され、国民が生涯にわたって健康で豊かな人間性を育むため、多様な関係者が連携・協力しながら国民運動として食育を推進することとなった。この計画では毎年6月を「食育月間」とし、重点的に食育推進活動を全国で展開することとしています。
 その取り組みの一環として、第1回食育推進全国大会が6月24日(土)に大阪市で開催され当時は1日限りの開催であったが10,200人が来場しました。
そして、第14回という開催経過は着実に成果を上げ、今後も大きく期待される大会でした。

お知らせ

一覧表示

栄養士連盟Facebookページ

栄養士連盟本部の活動状況について
栄養士連盟 全国各支部の活動状況について
日本栄養士会