賛助会員について

ホーム > 入会申し込み > 賛助会員について

日本栄養士連盟「連盟賛助会員」入会のご案内

日本栄養士連盟の活動目的

  • 国民の健康づくりの担い手として保健、医療、福祉、教育及び食産業等で働いている栄養士・管理栄養士の団体です。
  • 「元気で長生き」するための要素のうち、最たるものは「適切な栄養摂取」です。
  • 「適切な栄養摂取」を継続実施できるように指導するのが、栄養士・管理栄養士の職にある者の使命です。
  • この指導には、具体的な献立・料理や、現状に適応した有効な指導が行えるように、対象者の食生活・栄養摂取状況調査と結果評価なども行います。
  • このような働きをしている私たちの身分や職務、職責等様々な制度は、「栄養士法」「健康増進法」等の法律に定められています。
  • 昭和50年6月、日本栄養士会の目的を達成するために、政治活動分野を受け持つ団体として、日本栄養士連盟を創設しました。
  • その後、日本栄養士連盟は栄養士・管理栄養士問題に理解のある国会議員による「自民党栄養士議員連盟」等の助力を得て、制度の改正に対応してきました。

公益社団法人化した日本栄養士会を補佐していくために

  • 公益社団法人は国からの助成を受けて、栄養士会員のみでなく一般人対象の公益事業もできる団体です。したがって政治活動は厳しく制限され、"政治団体"である連盟とは一線を画さなければなりません。しかし、栄養士・管理栄養士に係る政治的解決を必要とする問題・課題はたくさんあります。連盟は、以前と同様に栄養士会と連携・連絡をとりながら、要望活動を展開していかなければなりません。

▲ページの先頭に戻る

「連盟賛助会員」になって、お力添えを

  • 日本栄養士連盟が望んでいるのは、正会員(日本栄養士会会員であることが必要)の増加は言うまでもなく、一人でも多くの方に「連盟賛助会員」になっていただくことです。
  • 連盟賛助会員は、栄養士・管理栄養士資格の有無に関わらず、日本栄養士連盟の活動目的に賛同していただける方なら、どなたでも加入できます。
    日本栄養士連盟規約抜粋(平成26年6月23日改正)
    • 連盟賛助会員は、本連盟の趣旨に賛同するもので、支部長の承認を得、定められた会費を納入するものとする。
    • 会費は、正会員と同額2,000円を1口とし、1口以上を直納入するものとする
    お一人でも多くの方のご加入をお願いいたします。

▲ページの先頭に戻る

お問合せ・お申込み

お問合せ・お申し込みは、各都道府県支部までお願いいたします。

栄養士連盟 都道府県支部一覧
北海道・東北区
関東・甲信越区
京浜区
東海・北陸区
近畿区
中国・四国区
九州区

お申込み用紙のダウンロードはこちらから
PDF
日本栄養士連盟賛助会員入会案内

▲ページの先頭に戻る

日本栄養士会